脂肪吸引

脂肪吸引

脂肪吸引の基礎知識

脂肪吸引の経過

脂肪吸引の経過で重要なのは、手術後から数週間であると言われています。この期間は、一般にダウンタイムとも言われ、脂肪吸引を行った事による、副作用や症状が現れやすく、痛みやむくみが発生する期間です。この為、脂肪吸引の術後のケアで、最も慎重に行わなくてはならない期間です。

ダウンタイムの期間が終わると、脂肪吸引の症状も安定し、問題無く日常生活が送れるようになります。ただ、脂肪吸引の経過に伴う痛みなどの症状は、個人差も大きいので、少しでも異常を感じる場合は、施術したクリニックに相談しましょう。

また、ダウンタイムにマッサージを怠ると、肌の凸凹や、皮膚の硬化といった現象を招き、時間がたち過ぎてしまうと、マッサージしても肌の凸凹や、皮膚の硬化が解消し難くなります。一般的な脂肪吸引の方法は、カニューレを使用した脂肪組織の吸引方法ですが、強い吸引力で脂肪を吸い取るので、他の組織も傷つけ易いのです。

この為、脂肪吸引の経過の過程で、痛みなどが伴います。このダウンタイムを軽くする為に、メソセラピーやカーボメッド等の方法があり、ほとんどダウンタイムの辛さを感じる事無く、過ごす事が出来るとされています。また、マッサージを怠っても、皮膚が硬くなったり、凸凹が生じる事もほとんどないと言えます。

ダウンタイムは、むくみや腫れを少しでも解消する為に、なるべく動くようにし血行を促すなどしましょう。ダウンタイムに、全く動かないでいると、血行が低下して後遺症が残る可能性があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 脂肪吸引を知る為に All Rights Reserved