脂肪吸引

脂肪吸引

脂肪吸引の基礎知識

脂肪とは

脂肪とは身体が活動するのに必要なエネルギーで、食事などで摂取し体内に蓄えられています。脂肪は、肥満の原因として悪い印象がくありますが、脂肪が全くないと活動するのに必要なエネルギーがなく、また体温を維持することもできません。

また、適度な脂肪は外からの衝撃を吸収するクッションとして働き、ホルモンのバランスを調節しています。このように、脂肪は生きていく上で必要な栄養素ですが、過剰な脂肪は健康に悪影響を及ぼすことになります。

脂肪は炭水化物やたんぱく質など、食事によって分解された栄養素で蓄積していきます。ただ、体が活動するのに必要なエネルギーは、脂肪として蓄積する前に消費され、消費エネルギーを超えた分のエネルギーが脂肪として蓄積します。

体内には脂肪細胞として蓄積される中性脂肪、筋肉によってすぐにエネルギーに変換される脂肪酸、胆汁酸などをつくるコレステロール、体内のバランスを保つリン脂質の4つの脂質があります。脂肪を溜めないようにするには、食べて摂取したエネルギーは運動などで、身体を動かし燃焼して消費しなくてはなりません。

脂肪を付けないように、ダイエットとして食事制限を行う人が多いですが、食事制限によるダイエットは、筋力が低下するだけでなく脂肪燃焼させるエネルギーがなく、結果脂肪が燃えにくくなります。また、食事が不規則になると、身体は緊急時の為にエネルギーを貯めようとして、脂肪が蓄積しやすくなります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 脂肪吸引を知る為に All Rights Reserved