脂肪吸引

脂肪吸引

脂肪吸引の危険

不自然さ

脂肪吸引を行ってよくある失敗として、ついている脂肪は全部落としたいと、脂肪を限界まで取って欲しい、という人がなりやすい失敗があります。

しかし、脂肪は生きていく上で必要な組織であり、取り過ぎると組織が大きく破損して、しびれが残ってしまったり、左右対称にならない、老けたという取り返しのつかない事になってしまいます。

取り過ぎると不自然になりやすい部位として、最もよく言われるのが頬骨の下です。この部分は、二重あごなどを気にしたり御、タルミ解消したいと言う人が、多く脂肪吸引しますが、脂肪を取り過ぎてしまうとゲッソリとやつれて、骸骨のような顔になってしまいます。

やつれた分は、太ればいいと考える人もいますが、取ってしまった脂肪細胞は増えないので、取り返しのつかない事になってしまいます。

また、多くの人が脂肪吸引を行う二の腕や太ももは、中央部分を中心に脂肪吸引されるので、取り過ぎてしまうと、中央が不自然に細くなり砂時計のようなおかしな型になってしまいます。二の腕の脂肪吸引は、皮膚が他に比べて柔らかい事もあり、失敗するとよれたりツッパリをおこして、見た目が不自然になってしまいやすいのです。失敗の原因は、医師の技術不足もありあすが、多くは過度な脂肪吸引で必要最低限な脂肪まで、取り除いてしまう事にあります。お尻の脂肪吸引も、脂肪の取る部分がおかしいと、左右対称にならず不自然な見た目になったり、逆に垂れて見えると言う事もあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 脂肪吸引を知る為に All Rights Reserved