脂肪吸引

脂肪吸引

脂肪吸引の危険

肌の凸凹

脂肪吸引後によく起こる失敗例として、皮膚が凸凹な状態になってしまうという事があります。脂肪吸引による皮膚の凸凹は、過剰に脂肪吸引してしまう事が原因として考えられます。

脂肪吸引は、バランスよく程度に脂肪を吸引すると、術後の皮膚の凹凸が防げるとされていますが、医師が技術や経験不足であると、脂肪を吸引しすぎて皮膚が凹凸になってしまうとされています。 通常、一度に吸引する脂肪の量は、どの部位であれ1000~2000ccに抑えられています。

身体の脂肪の付き具合にもよりますが、それでは脂肪吸引が不十分である場合は、期間をあけて数回に分けて脂肪吸引を行う必要があります。何度も通うのが面倒であるといったり、費用がもったいないと、一度に大量の脂肪を吸引すると、大きな失敗に繋がります。

また、脂肪吸引を行うと、硬縮という皮膚が硬くなる現象が起こります。硬縮は皮下組織が脂肪が突然無くなった事に対応できず、皮膚が硬くなってしまう現象です。 脂肪吸引後に、不自然に肌が硬くなるので、失敗したのではと思う人もいますが、正常な身体の反応です。この、硬縮によって皮膚が硬くなり肌が凸凹することがあります。

硬縮を改善するには、とにかくマッサージを行って、固まらないようにほぐす事です。このマッサージを怠ると、肌が凸凹のまま定着してしまいます。脂肪吸引後のすぐ後は、痛みや腫れもあるので行えませんが、1週間もしたら毎日マッサージを行いましょう。脂肪吸引による肌の凸凹は、アフターケアの不十分さと、医師の技術不足が原因とされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 脂肪吸引を知る為に All Rights Reserved