脂肪吸引

脂肪吸引

脂肪吸引の危険

脂肪吸引の痛み

脂肪吸引を行うと、筋肉痛に似た鈍い痛みが伴います。痛みの程度は、脂肪吸引を行った部位や範囲によって異なります。脂肪吸引では、脂肪を吸引する為の細い管を、体内に入れて直接脂肪を吸引するので、手術中は麻酔をして痛みを感じなくても、麻酔が切れてからは鈍い痛みが起こります。

脂肪吸引の痛みの程度は、個人差もありますが、脂肪細胞を無理やりひきはがして吸入しているので、脂肪組織以外の周辺組織を少なからず傷つけますし、身体が突然の変化に対応できず、痛みが生じるのは仕方ないと言えます。

一般的に、3日程度は脂肪吸引による痛みを感じますが、1週間もすればほとんど感じません。また、痛み止めを貰うので、日常生活にはあまり支障がないようです。ただ、最近では脂肪吸引以外にも、脂肪を除去する技術が開発され、メソセラピーやカーボメッドの場合は、薬品を注射するときの痛みはありますが、術後の痛みはないとされています。

他にも、脂肪吸引を行う時に、薬品の入った水を使用して周辺組織が傷つかないようにして行う脂肪吸引では、術後の痛みが少ないと言われています。

特に、カーボメッドであれば、脂肪吸引の痛みは全く感じないとされており、通常の脂肪吸引に比べ、効果があらわあるまでに時間はかかりますが、リスクを避けて安全で痛みの少ない方法がいい人は、カーボメッドや超音波といった方法が向いているでしょう。また、脂肪吸引にしてもエルコーニアレーザーを使用して行う場合は、脂肪組織以外の組織へのダメージの少なく、痛みも軽いとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 脂肪吸引を知る為に All Rights Reserved