脂肪吸引

脂肪吸引

脂肪吸引の危険

死亡事故

脂肪吸引は失敗してしまう可能性が、少なからずあり、リスクが高い事で知られていますが、リスクはどの程度のものなのでしょうか。脂肪吸引では、思うようなスタイルにならか足り、肌が凸凹になったり、痣が残ったりといったリスクが一般に知られています。

そして、脂肪吸引で死亡事故が起きてしまった事もあります。皮下の傷は、範囲が広かったとしても、表面に現われる傷は小さく、ほとんど異常がわからないと言う場合もあります。

この為、ほとんどの人が、脂肪吸引は誰が行っても大差がないと錯覚してしまいますが、脂肪吸引は非常に高度な技術が要求され、知識や経験が足らない医師が行うと、大きなリスクを負う原因になる事があります。

これまでに、脂肪吸引でおこった事故として、腹部の脂肪吸引の際に、腸まで吸引するという事故もおこっています。また、深くまで器具を入れてしまい、膀胱や子宮などが傷ついて、一生治らない傷や障害を負う事もあります。この為、特に、腹部の脂肪吸引には技術が要求され、よい医者の選択が重要になってきます。脂肪吸引を行う時は、全身麻酔をかけているので、患者は内臓が傷つけられても意識が戻るまではわからないのです。

腹部の脂肪吸引では、腹膜炎を起こしていると言う事もよくあります。脂肪吸引では死亡事故も起きていて、脂肪組織が血管に入って脂肪塞栓を起こして死亡したり、また大量の脂肪吸引することで、大量の脂肪組織が破壊されて、挫滅症候群という身体が長時間圧迫された時などに起こる、ショック症状で死亡する事があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 脂肪吸引を知る為に All Rights Reserved