脂肪吸引

脂肪吸引

脂肪吸引の危険

後遺症

脂肪吸引は、リバウンドを起こす心配がほとんどなく、脂肪吸引したい部分をピンポイントで痩せることが可能ですが、脂肪吸引によって後遺症が残る場合もあるとされます。

脂肪吸引は、麻酔を使ったりメスを使用して行われる手術なので、後遺症が全く残らないとは言えません。脂肪吸引の後遺症で過去に問題になったのは、脂肪吸引をしすぎて肌が不自然になったり、表面が凸凹になって固くなってしまうということがあります。

脂肪は全くなくていいという事はなく、脂肪吸引でとれる量は全体の1/3と言われています。また、手術後は脂肪吸引をおこなった部分には、腫れたり痛みが生じますが、長期間腫れや痛みが引かない場合、日常生活を送ることが困難になる人もいます。カウンセリングの段階では傷跡は目立たないと言われていたのに、痣が大きく残ってしまったり、左右の脂肪のバランスが対象ではなくなることがあります。

脂肪吸引は美容に関心がある人が、行うことがおおいですが、失敗して跡が残ることに恐怖も感じやすく、なかなか脂肪吸引を受けることができないということがあります。脂肪吸引はメリットもたくさんありますが、その分リスクも多くあります。傷跡が残ったり、腫れがなかなか引かないということは、実際に脂肪吸引を受けてみないとわかりません。

後遺症として、どのような危険があるのか理解して、脂肪吸引を行うかどうか決める必要があります。ただ、必ず後遺症が残るわけではなく、成功してきれいになった人も大勢いるので、実績ある病院を選ぶことも大切です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 脂肪吸引を知る為に All Rights Reserved