脂肪吸引

脂肪吸引

美容整形

レーザー

レーザーによる脂肪吸引は、脂肪吸引を行なう時に、吸引効率を上げる目的でレーザーを脂肪細胞に照射する方法です。脂肪吸引は、効果的な部分痩せの方法として、特に、若い女性に注目されています。

脂肪吸引の一般的な方法は、カニューレと言う吸引器具を皮下に挿入し、余分な脂肪を吸引する方法です。このスタンダードな脂肪吸引は、長年蓄積された脂肪細胞が集まって凝り固まると、脂肪吸引がし難いとされていました。

脂肪細胞はバラバラにして、細胞を離した状態の方が、脂肪吸引が効率よく行う事ができ、術後の仕上がりも綺麗にできると言われています。脂肪吸引で失敗したと言われるのは、脂肪吸引をした後に、固まった脂肪が除去しきれず、肌の表面に凹凸が出来てしまうなどがあります。

レーザーを脂肪吸引に脂肪細胞に照射すると、脂肪細胞が刺激されて柔らかくなり、固まっていた脂肪細胞が分離して、吸引しやすくなることがわかっています。 脂肪吸引用のレーザーは、体内式の脂肪に直接レーザーを照射する方法と、体の表面からレーザーを照射する2種類の方法があります。体内式のレーザーは、レーザーの熱で脂肪細胞の膜を破れて、脂肪が液状になって吸引しやすくなります。

ただ、体内にレーザーを照射するので、火傷や痛みを避ける事が難しく、体外式のレーザーが一般的に行われます。脂肪吸引用のレーザーは、特に、お腹や太ももといった広い範囲で、脂肪吸引を行いたい場合に、均等に脂肪吸引しやすくなると言われ、用いられています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 脂肪吸引を知る為に All Rights Reserved