脂肪吸引

脂肪吸引

美容整形

メソセラピー(脂肪溶解注射)

メソセラピーは、皮下に脂肪を溶かす薬を注入して、脂肪細胞を除去する美容整形です。もともと、医療用に開発された薬品で、円形脱毛症やリュウマチといった脂肪細胞が原因の疾患の治療に使用されていました。

メソセラピーは、美容整形の中では脂肪溶解術として効果と安全性が確認されています。メソセラピーで脂肪を除去する場合、痩せたい部分に脂肪を溶かす薬を注入して、脂肪細胞を分解して、老廃物として体外に排出します。

メソセラピーは、脂肪吸引のように直接脂肪を除去する方法ではなく、脂肪細胞に働きかけて溶かして脂肪を除去します。その為、メソセラピーは部分的な脂肪細胞を除去が可能で、バストなどはサイズを変えずに、痩せる事が出来ます。

また、脂肪吸引の用にメスを体に入れないので、痕が残る心配はありません。医療用に使用されている事もあり、安全も確認がとれています。脂肪を溶かすのに用いる薬は、高脂血症などの治療で使用されており、大豆などの天然由来の成分で出来ています。大豆にはレシチンというアミノ酸が含まれており、コレステロールや脂肪細胞を分解する働きがあります。

メソセラピーによる脂肪除去は、体内の皮下脂肪に直接働きかけるので、リバウンドが起きにくく、食事制限で栄養不足になり肌荒れを起こす心配もありません。また、リンパの流れも回復して、むくみも解消されるとされています。ただ、メソセラピーは即効性がある訳ではないので、数回の施術が必要になります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 脂肪吸引を知る為に All Rights Reserved